​Emotional Clearing

​エモーショナルクリアリング

エモーショナルクリアリングセッション 

誰もが、感情を抱え込んでいます。自分では気づいていなくても、持っているのです。何らかの強い感情を覚えると、その感情の完全には消化しきれなかった分が、エーテル体や肉体のエネルギーの中に埋め込まれたまま残って行くのです。抱え込むのは自分の感情だけではありません。私たちは、親から受け継いだ感情や、自分が過度に共感を覚えた相手や自分を虐待した相手など、他人から受けた感情を残していることがあります。そうして閉じ込められた感情は、そのひとつひとつが、停滞のエネルギーとなって留まるのです。それらは、私たちが本来持っている内なる平和、愛、よろこびの波動とは、相いれない波動を持っているために、自然なエネルギーの流れをブロックしてしまうのです。私たちが、精神的あるいは肉体的な試練に直面している時には、そうした滞った感情が影響している可能性がかなり高いです。

 

しかし、ありがたいことに、あらゆることにポジティブな目的があるのです。この場合、そうしたブロックの数々は、私たちの人間的霊的な成長の助けになるということです。たとえば、そのために病気になったり体調を崩したりすることが、自分自身について何かを学びとる大きなきっかけとなります。それだけではありません。私たちには、生まれてくる前に計画していた今生の学びがあります。その学びのために必要な相手や人生経験を引きつけるのは、そうした滞りの数々なのです。言い換えれば、カルマの解消につながるということです。それらの滞りが、その解消のために転生してきたカルマのもとになるからです。

 

霊的覚醒への道には、私たちの可能性を制限する無意識のプログラミングや感情のブロックを手放すことが含まれます。それによりエネルギーの流れが解放され、活性化された内なる愛と光の輝きを放つことができるのです。

 

アルーナとジャコモが、新しいエモーショナル・クリアリングのテクニック、つまりそうした感情を取り除く新たな方法に出会ったのは、ほんの数年前のことです。以来、二人は研鑽を重ね、自分自身の感情について、またクライアントの感情について、目覚ましい結果が得られるようになるまでこの方法に習熟しました。

 

このテクニックは速やかかつ容易であるだけでなく、ある感情を手放したなら、それが戻ってくることはありません。そして、その感情のもとになったつらい記憶を掘り起こし、追体験する必要もありません。

 

皆さんのハイヤーセルフ(真我)の道案内により、手放す準備のできている感情を明らかにします。そして、手放した後は、その感情が皆さんの身体のエネルギーシステムから完全に取り除かれたかを確認します。ほとんどの方は1回のセッションでクリアリングできますが、これまでに数多くの感情の揺れを経験して来られた方の場合、更に1回もしくは2回のセッションが必要なことがあります。

 

セッション中、何かが起きているように感じる方も、何も起きていないように感じる方もいらっしゃいます。しかし、クリアリングのプロセスが進んで行くにつれて、皆さんが明るく軽やかになっていかれます。ほとんどの方が、開放感を覚えて、くつろいで、より活き活きとしていかれます。健康状態の速やかな改善を感じたり、深刻な問題であると思われていたことが自然と解決したように感じたり、あるいは深刻さが軽減されたように感じられるかたが大勢いらっしゃいます。

​セッションのご感想

アルーナさんのエモーショナルクリアリングセッションの第一印象は、驚きでした。それは、今までお願いしてきた数多くのスピリチュアルカウンセラーの方々とは質と効果において格段に違っていました。アルーナさんは一瞬にして、問題を起こしている感情的な葛藤が何かを的確に突き止め、一瞬にしてその感情を浄化されるので、セッションは驚きの連続で、まるでマジックを見ているかのようでした。

 

多くのスピリチュアルカウンセラーを今まで訪ねてきましたし、海外カウンセラーのウェビナーも数多く見てきましたが、こんなにも的確に、今生だけでなく、過去生や親の遺伝にまつわる感情ブロックを、たった1時間15分で永久的に解決される方にお会いしたことはありませんでした。

 

実は、私は2012年の4月から急に過敏性腸症候群を、2013年からは五十肩を煩いました。薬も鍼灸も効果がありませんでした。そのうちに仕事依頼が急激に減っていき、2013年には全く仕事が来ないという状況に陥りました。人生のすべてがコントロール不可能となり、いったい自分の人生に何が起こっているのか、どうやったらこの状況を脱出できるのか、毎日恐怖に怯えていました。

 

なんとかするために、2012年の春から2015年の春までの3年間で、10名の日本人スピリチュアルカウンセラーを訪ねました。その全員が共通しておっしゃったことは・・・

  • 母親との感情的な葛藤を解決する必要がある

  • ジャッジするのをやめて多様な価値観があることを受け入れなさい

  • 恐れに直面して乗り越える勇気が必要です

  • 人や自分の家族の世話を優先するのではなく、自分を愛して自分を大切にしてください

 

自分の感情的葛藤を解決しなければ、現状を変えられないことを十分に理解したので、感情ブロックのリリースプログラムをアメリカのサイトで2種類購入したり、アメリカのヒーラーの方から遠隔ヒーリングを受けたり、自分自身も、瞑想に加え、毎日、感情リリースの方法をいくつか試したりしました。またアマゾンで日本語や英語の本を20冊以上購入して、こういう危機的状況に陥った原因や解決策を模索し続けました。

 

3年にわたって、スピルチュアルカウンセラーの助けと自己内省を繰り返し、感情的葛藤やジャッジする傾向をある程度減らすことができました。その甲斐あってか体の方も2015年の5月にやっと快復してきました。ところが、心は抑鬱気味で、無気力になり、前へ進もうとしてもまったく動けませんでした。財政的な状況は悪化の一途をたどり、状況を改善しようという意欲も持ち得ず、まったく動けない状況でした。それほど長きにわたり辛い状況に陥るなど、かつてないことでした。

 

まだ発見できていない大きな感情ブロックがあることには気づいていましたが、人生を自分で終えることを考え始めました。そして、臨死体験者や覚醒者について情報を検索している時たまたまアルーナさんと彼女のエモーショナルクリアリングセッションをインターネットで知り、2015年7月に、お会いしました。

 

アルーナさんは、ほんの一瞬で、最も問題となっていた感情ブロックを見つけて取り除く手助けをしてくださいました。その感情ブロックは、私の過去生に端を発するものでした。アルーナさんがその過去生の時の状況をご説明くださった時、今自分が同じことを繰り返していることに気づいて、驚くばかりでした。その大きなブロックの他に、今生の感情ブロック、父や母の感情ブロックなど、24個を、たった1時間ほどのセッションで手放していきました。

 

その上、将来のキャリア計画について、実践的に役に立つ、とても具体的なビジョンをアドバイスしてくださいました。高いチャネリング能力、過去の豊富なビジネス経験、豊富なスピリチュアルカウンセリング経験、点情報を線や面にして考えられる能力、そして人々が自己実現をして幸せになって欲しいという強い情熱がないと、こういったアドバイスは出来ないと思いました。

 

セッション後、家に戻ると、自動的に涙が溢れて止まらず、数時間眠ってしまいました。

セッションから2日経って、あれだけ苦しんできた過去のネガティブなコトやネガティブな感情をもはや考えられなくなっている自分に気づきました。あえて考えようとしても全く考えられない。まるで、過去のネガティブな感情に続くドアがぴたりと閉まってしまったような感じです。将来への心配や不安も消えていました。心配してみようとしてもまったく心配できないわけです。セッションから3日、自分や他人を非難する気持ちから、また将来への期待のようなものからも、解放されたように感じていました。何の不安も疑いもなく、ただ今やっていることに集中しているのです。こんな風に、“今&ココ”を生きる感覚を自分が体験できるなんて思ってもみませんでした。その感覚を体験すると、いかに今まで自分のマインドが、後悔や心配や恐怖によって忙しかったか、いかに平和でなかったかがよく理解できました。

 

自分の内面の変化だけではなく、実際にミラクルも起こりました。

アルーナさんはセッション中に、「あなたがお腹の中にいるときに、お母様は大変なストレスをもっていらした」とおっしゃっていたので、セッション終了後に母に尋ねてみました。母が私を妊娠する1年前に、私の兄を亡くしていたことは知っていたのですが、私を妊娠中に母にとってたった一人の実の弟を亡くして、悲しみに打ちひしがれていたそうです。

 

その翌日、2軒の不動産屋さんから、母が所有するアパートについて急な問い合わせがありました。入居したい方がいるというのです。ずっと(1年以上)空室だった部屋にやっと入居者が決まりました。あまりにも長期間、空室状態が続き、金銭的なことを心配していた母も、ストレスが減って明るくなりました。アルーナさんのおかげで、母までもが、フローをブロックしていた亡くなった私の兄や実の弟への感情のリリースができたから、物事が動いたのだと思います。

 

セッション日の夜には、こんなことがありました。ふと、本棚に置いてあった、買ったけれど読んでいなかった山川亜希子さんが書かれた「人生は、奇跡の連続」という本が目に入り、読んでみることにしました。山川夫妻(夫は山川紘矢さん)は、素晴らしいスピリチュアル系の本の翻訳者として有名です。本を読み進めると、アルーナさんが山川夫妻の人生を変容させるきっかけとなったチャネラーとして登場しているので、びっくりしました。山川夫妻の翻訳本は何冊か読んできたのですが、なぜ将来を約束された官僚の山川紘矢さんが、精神世界の本を日本に紹介するようになられたのか不思議に思っていたのです。山川さんはアルーナさんに過去生と今生でのミッションについての説明を受けて、現在の仕事に変わられたことが亜希子さんの本に書かれていました。紘矢さんが、過去生で達成できなかったことを、今生では違う方法で達成していらっしゃるのですね。過去生の私の失敗をアルーナさんからお聞きしていたので、紘矢さんのストーリーは、今後いかに過去生の失敗を繰り返すことなく自分の役割を果たしていくかを考えるにあたり、大きなヒントとなりました。この本が目に入ったのも偶然ではないと考えています。アルーナさんが、それほど大きな影響を山川夫妻に与えたとは、この本を読まなければまったく知らないままでした。

 

それがアルーナさんです。著名な方との関係を売り文句にされる方もいらっしゃると思いますが、彼女はお金や名誉のためではなく、純粋に多くの人に自己実現を通して幸せになってほしいという願いで尽力されています。

 

そんな彼女の純粋な思いは、その料金設定にも十分に反映されていると思います。なぜなら、エモーショナル・クリアリングのセッションでは、今生や過去生の感情のブロックを突き止めて、永久にクリアできるのです。その価値は、1時間に10万円以上を請求されても良いと思われますが、彼女の場合は通訳費用を含めて3万8千円のみです。

 

アルーナさんに出会う前に、感情ブロックが何かを突き止められて、それをクリアできる方々をアメリカのサイトでも探しました。私の検索結果からだけですが、そういう方は非常に少なく、過去生の感情ブロックや、自分に影響している親の感情ブロックまでは突き止められないご様子でしたし、大体1時間8万円以上の価格を請求されます。もちろん通訳費用は含めずで…

 

私は、アルーナさんに出会うまで、3年にわたって苦しみ続け、多くの時間とお金を感情のヒーリングに使ってきたわけですが、そこで学んだことは、感情のブロックはかなりの難物で、悩みの種となり、ビジョン通りに生きることを邪魔する原因にもなるということです。潜在意識や過去生に埋もれている感情のブロックのために、引き寄せの法則で成功できない方も大勢いらっしゃいます。そうした感情のブロックを自分の努力だけで外すことは、ほぼ不可能です。それは、多くのスピリチュアルヒーラーの助けを借りても同じです。その感情のブロックが何かを識別することが至難の技だからです。

 

幸せを感じられなかったり、行き詰まっていたり、本当の自分や人生のミッションを見つけたいのに見つけられない方には、アルーナさんのエモーショナルクリアリングセッションを受けられることを強くお薦めします。そうでない方も、必ず感情のブロックはあるはずなので、できる限り多くの方にアルーナさんのマジックを体験して頂き、もっと幸せになって頂きたいと思います。幸せな方が増えることが、世界の平和に繋がるショートカットだと思います。

 

私はこのセッションを受けるお金を捻出するために、ためらいながらも大切にしていた時計を売りに出したのですが、アルーナさんのエモーショナルクリアリングセッションはまさしく、プライスレスです。お金なんかに代えられない、人生において貴重な体験でした。自分がどこでどう傷ついたのか、過去生でどんな体験をしてきたのか、そして親もどんな感情に苦しんでいたのかなど、心から理解できました。「許すことが大切」ということは、頭ではわかっていましたが、本を何度読んだって、やはり自分を、そして自分を傷つけた人々を許すことはできませんでした。でも、アルーナさんのセッションを通して誰もが過去生や今生で傷ついていることを心から理解できたことで、ようやく許すことの大切さに得心がいきました。

 

そして、手元を離れた時計にも、アルーナさんのセッションを受けられるようにしてくれて、本当にありがとうと、心から感謝しています。「執着せずに多くのものを手放すことで多くのものが得られる」とは、こういうことなのだ・・と、心から理解できました。

たった1度のセッションで、こんな沢山のお金では買うことができない人生のギフトをくださったアルーナさんに心から感謝しています。

ノリコ(東京)

メルマガ

サットサン・ワークショップ情報、アルーナからのニュースレターをお届けします。

​© 2015 Aruna Byers, Awakening Coach