A Course in Channeling

チャネリングのためのワークショップ

スピリチュアルな探求を始めると、まず最初に教えられることの中に、静かになり、内なる洞察(霊感)やガイダンスが得られるようになることがあります。静かにすると、CONSCIOUSNESS(コンシャスネス; 意識:わたしたちのエゴ/マインドよりもはるかに叡智にあふれています)とつながることができるようになります。しかしながら、そのつながりが、オンデマンドで簡単に得られるものではないために、そうしたつながりを持つ能力を神から与えられたラッキーな人からガイダンスを伝えてもらわなくてはならないのだと信じられている向きがあります。

 

しかし、そのようにして得られるチャネリング(ガイダンス)が、すべて最高次の AWARENESS(アウェアネス;意識)から得られているかというと、そうではありません。実際には、その多くが欺瞞に満ちています。チャネリングをする人が CLEAR (クリア;明晰;無色透明)でない場合、伝えられた内容を真に受けることはできません。クリアなチャネリングと、メッセージが歪曲されている可能性とを、しっかりと見極めることができるならば、話は違ってくるのですが、用心が必要です。

 

霊的探求を進めるあらゆる人のために、チャネリングについて知っておく必要があるのは、

 

 1.『他の存在』からもたらされた内容がクリアであることは、めったにない。

   8割方正確なのだとしたら、それは極めて高い正確性を備えたもの。

 2.どのようにすれば良いのかを学ぶ意欲のある人であれば誰でも、自らの内なる導きを、

   クリアにチャネリングすることはできる。どのようにすれば良いのかをお伝えするため

   アルーナは、今回のワークショップで使うモデルの構築に参加。

 3.伝えられることの中身がねじ曲がるのは、アストラル界の存在が出てきていたという

   可能性も考えられるものの、チャネラーのエゴ/マインドに原因のある場合がほとんど。

   どちらの場合であっても、その歪曲に気づくこと、そしてそれを取り除くことは可能。

 4.正確なチャネリングのために自らをクリアにすることは、霊的覚醒のための準備と同じ。

   つまり、感情のしこりが取れていることと「協力的なマインド」が、

   チャネリングのためにも覚醒のためにも必要だということ。

 

チャネリングのためのワークショップは、2016年02月27日から05月29日の期間に、日本で開催します。ワークショップは、アルーナがかつてドイツで、二人のNLPトレーナーとともに開発したモデルに基づいて行われます。その内容は、1992年にドイツ語で刊行されましたが、英語版は出版されませんでした。2008年に、アルーナがMP3で受講できる英語版を作りましたが、彼女に直接頼むしか受講の道がありませんでした。

 

今回の、新たにアップデートされた講座は、アルーナの30年に及ぶチャネリング経験と、先述した修習モデルに加えて、アルーナのチャネリングのパートナーであるアセンデッド・マスターのサン・ジェルマン(セント・ジャーメイン)からのインプットも擁するものです。このモデルについ日本語でお伝えできるのは初となります。

本ワークショップには、6日間の日程に加えて、エモーショナル・クリアリングの個人セッション(日時は個別に設定)、入手可能となり次第コースについての書籍(英語または日本語)が、含まれます。

アルーナの30年以上の経験から学ぶ チャネリングのためのワークショップ

​参加者の声


チャネリング自体にはあまり興味がなかったのですが、霊的覚醒を遂げたアルーナさんがするチャネリング講座という事で、興味を持ちました。

「人生に迷った時に、自分で高次元の存在にガイドをお願いできればどんなにいいだろうか。どんなに安心できるだろうか」という気持ちで参加させてもらい、結果、とても良かったと思っています。

アルーナさんのチャネリングは、占いやお告げのようなものではなく、霊的覚醒に自分を導いていくためのワークにもなっていて、とても信頼が置けました。

講座を受ける度に、徐々にベールに覆われていたものを剥がしてもらったような感じで、つながりやすくなりました。
そして驚いた事に、今では高次元の存在としっかりつながっている感覚が得られるようになりました。
一緒に参加した方や友人にお願いして、チャネリングの練習をしていますが、ご本人にしか分からないことを言い当てていると、とても好評です。
しかも、私がチャネリングしてネガティヴなエネルギーを感じ取ることで、そのエネルギーが解放されるようで、「軽くなった」とか「暖かくなった」とかうれしいことも起きています。
「自分の不安解消するため」という後ろ向きな理由で始めたチャネリングが、こんなふうに誰かのお役に立てるなんて、本当に素晴らしいと思いました。
その機会を与えてくださり、導いてくださったアルーナさんに、深く感謝しています。

​R.M.

アルーナさんのエモーショナル・クリアリングセッション、教え、そして覚醒者のエネルギー場を長時間共有することが、確かに私をクリアにし、演習を通して得られた気づきをより深めていきました。このワークショップを通して、自分がクリアになっていくのを感じましたし、以前よりも直感やインスピレーションがわきやすくなりました。そして、物事を何とか自分の思う方向へ力尽くでもっていこうとする癖がなくなり、流れに任せることができるようになりました。

ワークショップが終わって、このワークショップが価格に代えられないほどの価値があることに気づきました。数十年に及ぶ心の葛藤から自分を解放してくれましたし、大きな変容を起こす機会を与えてくれました。素晴らしい体験をありがとうございました。

N. M. (東京)

仏教では慈悲、渇愛という言葉もありますが、私は愛の種類にとまどっていました。

大きな愛が存在しているということを感じることができました。

 

次のテーマはどうやって愛を伝えるかということです。


M.A.

チャネリングワークショップによって、チャネリングの技術だけではなく、自分のエゴのパターンに気づき、過去の未解決の問題を手放すことができました。

チャネリングは日々、悩んでいることがある時や、アドバイスがほしいときに活用しています。

チャネリングをすることで、エゴマインドがクリアになって、静かに゛在る”ことができるので、覚醒を深めるディープニングプロセスにも役に立っています。

自らをクリアにしたい方、日々叡智とつながりたい方にお勧めしたいです。

Y.M. ​(神奈川)